忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

アルビノってことが関係するかどうかは、まぁいいとして。
今日、思ったの。

何が出来ないということをリストアップしたり、何が不幸だってことを並べ立てたりしても、あまり楽しくないもんだよね。
いわゆるネガティブシンキングの一部。

確かに、
出来ないことをリストアップしてもっと成長することも大事だし、
不幸なことを整理して心を落ち着けつつ平穏な毎日を目指すのも良いけど。

それよりは、できること・幸せなことをいっぱいリストにした方が良い。

アルビノは視力が弱いとか、日焼けしちゃいけないとか、出来ないことを並べるとたくさんある。
実際、それで困ってることも多いし、そこを自覚しなくちゃ本当になにもできないことがある。
それは、ほかの障がい者の方々の方が、実感していることだろうと思う。

けれどそれより、できることに目を向けた方が、幸せになるんじゃないかな?

僕はアルビノだけど、パソコン・インターネットできるし、歌も歌えるし、わりとおしゃべり出来ますし、意外とスキーとか水泳とかランニングとかできるし、ひとり暮らしできるし…。
出来ることを並べても、結構たくさんある。

生きていると、不幸なことにばかり目を向けてしまうことがある。
(特に、僕みたいなネガティブシンキングは…)

でもそれよりは、何が楽しくて、幸せかを考えている方が、より豊かになれる。
そう思う。


「出来ないなら出来るようになれ」っていう考え方も大事だと痛感する。
それを考えなくちゃ、新しい何かを手にすることはできないから。
けれど、出来ないことばかりに挑み続けていると、つまらなくなったりしてね。

「出来ることを精一杯やる」というほうが、人は、本当に愉しめるんじゃないかな。
できることを、もっとできるようになる方が、本質的な成長っぽい。


っとかって思うのは、アーティスト寄りの考え方なのかしら?

拍手[7回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

無題

  • 適当@mixiネーム   
  • 2010/02/16 (火)22:52  
  • edit

プラス思考は大事だと思われます
悲観的に考えても何も生まれないですからねぇ

あと君の言葉ですが『どうせ転ぶなら前のめりで』って言うのもなかなかいいですよ

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...