忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

Oct 18,2017 (Wed)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.10.18 03:40

Dec 01,2010 (Wed)

世界エイズデーに一考

12月1日は、世界エイズデーなんですって。

テレビのニュースでもやってましたが、エイズに関する理解は、昔よりもずいぶんと広まったのは事実だと思います。
日常生活では感染しないことはもはや常識で、その上で次に「患者に対する誤解や偏見、差別などをなくす」というような段階にきているようです。

うぅむ、なるほど。

で、そういった諸々のメッセージを伝えるために結束されているのが“レッドリボン”。

RED RIBBON LIVE

僕も、こういう機会に便乗してWebサイトを眺めてみた程度の浅はかな者ですが。
ま、触れてみることから何か始められるかも知れませんので。
見てみるのもいいかも知れません。

ところで、こういった際に必ず目にするのが“コンドーム”。
コンドームの正しい使い方とかは今はおいておいて。

Aki オカモトコンドーム ←こういうの、知ってますか?

拍手[1回]


先の写真は、デザイナーのAkiさんという方と、メーカー大手のオカモトコンドームズがコラボレーションして作った、コンドームのパッケージです。

表面には、Akiさんの絵。

Aki コンドーム 裏面

裏面には、もろもろの説明が書いてあります。

こういう、メッセージの送り方というか、社会へのアプローチの仕方というのも、面白いなぁとは思う!…のですが。

この作品に関しては、
・Akiさんは障害者。デザイナー。
・コンドームは、まず大前提としては「避妊具」。
・エイズを含む性感染症に感染する可能性を下げられるとしても、重要視されている。
…という、ちょっと多くの思いを盛り込みすぎな感じがしてまして!

いただいた時に、コメントに困った僕をお許しください。

なかなか、テーマが多すぎる作品というのは、受取り方も難しいんだなぁと思った、一件でした。

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...