忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

Dec 13,2017 (Wed)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.12.13 12:36

May 03,2009 (Sun)

原爆の落ちる空の夢

憲法記念日にこういう夢を見るなんて、なんか不思議だなぁと思って。

---

僕は空を飛んでいた。
耳にはニュースらしきものが聞こえていて。
「当時の飛行機は……地面スレスレを飛行するなど……」
と、戦時中の様子を紹介しているような内容。

僕も地面スレスレを飛んでみようと思って、アクロバット飛行を試してみる。

とても気持ち良く滑空していると、所沢航空記念公園こと航空公園が見えてくる。
大学時代にはしょっちゅう横を通っていた航空公園がなんだか懐かしくて、着陸。

フラフラと歩いていると突然「くるぞっ!」というような声が聞こえる。
僕は慌てて周りを見回すと、近くにゴルフ場のバンカーのような砂場がある。
慌てて、その砂場に潜り込む僕。

と、間もなく大地を揺るがす爆音と爆風が襲う。
じっと耐える僕。



爆発がおさまったかという頃、起き上がって周りを見る。
と、ワゴン車に乗った老夫婦がいた。
「案外、大丈夫だったんだ」
そんなことを思う僕の耳に、ラジオの音声が聞こえてくる。
『大変だったねぇー!みんなは大丈夫だったかい?』

実家へ帰る。
と、父親と母親が出かける支度をしている。
「はやく挨拶まわりに行かなくちゃ」
あぁ、家も大丈夫だったんだ。

---

そんな内容でした。

ギリギリ戦争に関心の残る感じと、
完全に平和ボケしている感じとが、
妙に入り混じっている夢でした。

拍手[0回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...