忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

僕が大学で演劇や映画の制作にどっぷり携わっていた頃に比べると、最近ではあまり小劇場へ足を運ぶことも少なくなってきましたが。
それでも時々、関係者さんなどからお誘いをいただいて、観劇へ行くこともままあります。

そんな僕が、劇場へ足を踏み入れて、観劇をして帰るまでの間、いつも思うことがあるんです。
それを今、思い立ったので書き連ねておこうと思います。

演劇人 芝居人

[1:劇場の入口を目立たせる]

大きな劇場ではさほど気にすることではないかも知れませんが、大体“小劇場”というのは、駅から離れていたり雑居ビルに入っていたり、小劇場が乱立する地域にあったりと、迷いやすい場所にあるということを再確認。
その上で、迷いながら、不安を抱きながら劇場へ足を運ぶお客様に対して、この劇場内で「誰(どの劇団)が何(演目)をしているか」ということを目立つようにしておくべきだと思います。

[2:受付はエレガントな笑顔で]

受付担当は、劇団員が責任をもって受け持つ場合や、当日だけのお手伝いさんがおこなう場合など色々なケースがあるかと思いますが、来場者にとってはそんなこと関係なく、劇場入口で最初に接する「関係者」です。
無用な遠慮をさせないように、また気持ち良く観劇してもらえるように、エレガントな笑顔を持って接客するべきだと思います。そのためにも、事前の確認や打ち合わせはしっかりとおこなって、受付本人が慌てないようにしておく必要もあると思います。

[3:客席も含めたゲネプロをする]

演出家など関係者が客席に座り、照明や音響の具合、暗転チェックや立ち位置の調整を見るゲネプロは勿論どんな劇団でもおこなっているとは思うのですが、それはあくまで「舞台上」のためのものに過ぎません。お客様がどんな状態で観劇するのかを知るため、客席のゲネプロもした方がいいかと思います。
客席には、オペレーションブースに近い場所や出入口に近い場所、エアコンに近い場所やトイレに近い場所、さらにはサジキ席や立ち見など、色々なパターンが想定されます。本当ならば、そのすべてが心地良く、どの席で見ても苦の無いよう配慮すべきだと思います(すこし理想論ですが)。


(さらに以下に続きます)
気合い入れ 円陣を組む演劇人

[4:アンケート用紙は出来る限り手数をかけさせない]

開演前・開演後に、たっぷりと余裕を持ってアンケート記入を待っていられるタイムスケジュールは、小劇場での公演ではなかなかつくれません。それでも短い時間を使って、貴重な意見を寄せてくれるお客様に、出来る限りお手数をかけないようにするのは当然かと思います。
「どの回をご覧になりましたか?」「何月何日何時の回にご来場くださいましたか?」という記入項目は、お客様の手数を増やす以外のなにものでもありません。それは劇団が管理できるよう、事前に配慮しておくのは当然ですよね。
その他「今までご覧になった当劇団の作品は?」「一番気になったキャラクターは?」「年齢・性別・職業」なんかも、特別な理由がなければ聞く必要はないと思いませんか。

[5:アフターケアまで考慮する]

上記アンケートの件にも関連しますが、アフターケアについても考慮すべきです。例えば「今後の活動の参考に」とアンケートを記入させるのであれば、確実にそのように、真摯に読み込み次回作ミーティングの議題にするなど真剣に使用すること。そうでないならアンケートとかこつけて個人情報を収集しているに過ぎなくなってしまいます。
また、顧客名簿に追加しDMを送りつけるのであれば、その解除方法(顧客名簿からの削除方法)を劇団内でシステム化し、お客様に対して明示する必要があります。ちなみに今のところ「当劇団からのDMが不要になった場合は…」といったガイダンスを明記している劇団は、滅多にありません。

[6:ビジネス感のあるバランス感覚を持つ]

「公演を打てば打つほど赤字」は間違いです(役者・スタッフを問わず)。興行をおこなっているということは少なからず、収支のバランスが成り立っているべきであり、事業計画やキャンペーン企画作成と同じように、数千円でも「収益」がうまれるビジネス感あるバランスを心がけるべきです。
“満足度/作品の完成度”“チケット料金”“客席数”“製作予算”“被ノルマ人数”“全員のギャランティ”そのほか諸々、興行としてのバランスを考えて設計すべきです。

[7:全体を熟知し仕事が出来る“専門制作スタッフ”を雇う]

上記すべてを実現するには、演出や舞台監督ではなく、また衣装や小道具などを兼任している制作担当でもなく、客観視しつつ的確に指示を出せる専門の制作スタッフを雇うべきです。
所感ですが、今の小劇団にはマネジメントを担当する人間が不在です。それどころか、一般の社会人を経験した人間はほとんど居ないように思えます。
ある意味、会社っぽくて好かないかと思いますが、こういった興行を熟知した、社会人経験やビジネス感ある専門のスタッフを雇うべきだと思います。マネジメント担当者も必須スタッフだと考えるべきです。


これが、これまで130本以上“小劇場”の公演を観劇して、10本以上の小劇団を中から観察した僕が、いま思うことです。

拍手[22回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...