忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

28歳は、迷っている…?

迷える28歳

リクナビNEXTが先月、こんなアンケートレポートを発表していました。

28歳「自分の将来像が描けない」人のためのヒント/リクナビNEXT[転職サイト]
28歳ビジネスパーソン「自身の将来像」についてのアンケート

調査方法:インターネット上で実施(メディアパーク)
実施期間:2011年10月7日(金)~10月11日(火)
調査対象:全国の28歳のビジネスパーソン
調査人数:300人(男性150人、女性150人)

28歳というのは、ストレートに4年制大学を卒業して新卒で入社していれば、社会人として丸5年が経過し、いわゆる「ペーペー」から次のステップを見据え始める時期。
また、無意識にも「30代」の気配を感じ始め、女性だけに限らず「将来について」を、家族や友人や世間を見ながら考える時期。

そして僕は、そんな今28歳。
このアンケート調査結果に、色んな想いを重ねたのでした。

ちょっと淡い考察は、記事の続きにて。


「あなたは今、5年後、10年後、20年後に、自分がどんな環境でどんな仕事をしているという将来像を、具体的に描けていますか?」という質問に、85.3%が「描けていない」と回答。

その回答の理由としては、
「漠然とやりたいことはあっても、具体的にどんな仕事なのかイメージがつかないから」(21.5%)
「目先の仕事が忙しくて考える暇がないから」(19.5%)
「世の中がめまぐるしく変化しているので考えても意味がないから」(12.1%)
「自分の好きなこと・嫌いなことが何か、わからないから」(11.7%)
「自分の得意・不得意が何か、わからないから」(10.5%)
「将来像が描けていないことに焦りや不安を感じないから」(10.2%)…
…といったような返答があったようです。

うーん…わかるなぁそういう感じ。

まぁ僕は、大学を5年かけて卒業して、しかも新卒採用ではなくアルバイトとして会社に入って、契約社員・正社員へと進んだ末に、社会人丸3年で会社を辞めちゃったという、28歳の中でもアウトローなタイプなのかも知れませんが。
同級生が抱えるその感情には、やっぱり共感するところがあります。

先にも挙げたように。
社会人だったらもう中堅寄りで、落ち着くべき時。
三十路を目前に、家族や友人という環境を見渡しつつ。
「本当に、この人生はこのままなのか?」とか、
「やり直すなら今じゃないのか?」とか考えるタイミングだったり。
結局、自分自身の迷いがそのまま浮き彫りになる年齢、なのかもも知れません。


続く「現在、『自分がなりたい将来像』を見つけるべく何らかの行動をしていますか?」という質問には、24.6%が「見つけるべく行動している」と回答。

そういった意味では「そろそろ行動をしよう!」と思って不思議ではない28歳。
「行動している」と回答した人たちは、
友人に会って話を聞く」(38.1%)
「ビジネス本を読む」(34.9%)
先輩や上司に話を聞く」(28.6%)
「ネットで仕事・キャリアについて検索」(28.6%)
「新聞や雑誌で情報収集」(23.8%)
「自分のキャリアを棚卸し自己分析」(23.8%)
…などなどといったことを、実行しているみたいです。

ちなみに「旅に出て自分と向き合う」(12.7%)という意見も、僕は好きです。

ともあれ。
迷いながらも、模索しながらでもその人生を突き進み続けている、28歳の同級生たちが。
友人や先輩・上司に“話を聞く”という行動に出ていたのに、少し安心しました。

迷った時、独りで考え込んでいてもなかなかヒントは得られませんからね。
もちろん、ネットや新聞などなどのメディアから情報を入手するのも有効な手段だとは思うのですが。
人生のことは、先人や同志からヒントを見出すのが得策かと、僕は思っているので。

同級生たちよ、一緒に考えようや。


…ちなみに、先のリクナビNEXTの記事の締めの方には。
「早晩「この道を進む」と決めねばならないときがくる」「歩んできた道を振り返れば、これから進むべき方向が見えてくる」などという項目から“今、求められている役割が強みであり、進むべき将来である可能性が高い”というヒントが、綴られています。

ふむふむ、なるほど。
ちょっと…、なにせ記事がリクナビNEXTのものですし、キャリアプランをプッシュするタイプのオチなのかと思って懐疑的でしたが。
書いてある文章は、なかなか良いところ突いたものでした。(さすが人事のプロ)


自分がやってきたこと、やらせてもらえたことを振り返って。
生きる道を、決断できるのは今!…かも、知れません。


僕も、悩める・迷える28歳として。
後悔しない人生の決断を、したいなぁと思う、今日この頃です。


>>参照記事:“悩む28歳”85%が将来像描けず、4人に3人は「特に行動していない」。 | Narinari.com

拍手[3回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...