忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

Oct 23,2017 (Mon)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.10.23 05:43

Apr 14,2009 (Tue)

新人1日目

そんなわけで。
会社でのお仕事がちょこっと変わりました。
…といっても、今まで僕が請け負っていた仕事も終わってないので。
仕事の量としてはむしろ増えたりもしているのですが。


なにはともあれ、新しいお仕事、実質1日目。

今までは数人でシェア(?)していた電話機も、僕専用のものが取り付けられ。
今まで直でかかってくることの無かった、外線電話や受付電話も鳴るようになり。

社会人1年目の新人のように、電話の取り方から習いました。

「(会社名)でございます」
「はい、受付です」

思わず声が上ずりつつ、1度聞いた名前も覚えられず。
ガチャガチャしながら取った電話、3本。
うぅわ、なんだこれ、ほんと頼りないなぁ。


ウチの実家は自営業なので、幼い頃から自宅に知らない人から電話がかかってくることもよくありました。
…が、何故か僕は昔から、この電話応対というのがかなり苦手で。

なぜ苦手なのか、何が苦手なのかがわからないまま、出来る限り電話に出ないで良いようなポジションに潜り込み続けてきました。
今でも、自分の携帯電話にかかってくる非登録番号からの電話は、ドキドキしながら出ます。

が。
「嫌です」というほど確固たる理由が無いわけで、結局“何故か苦手なんです”なんて言うわけも無く。
「頑張ります」で押し通して、頑張ってます。


この、なんだか解らない緊張を、根性や慣れで一刻も早く克服できれば。

僕の根深い「未知への恐怖感」も、少しは何とかなるかしら。
オーディションでガクガク震えてどうしようもなくなる自分も、少しはマシになるかしら。


たかが電話に、普通に出て、普通に用件を聞いて、普通に応対すれば良いだけなのに。
なんでか緊張しちゃうんだよなぁ…。
精神的に、トラウマか何かあるかと思うくらい、緊張する。


克服して。
もっと人前で話せるように、常に“自分らしい自分”を表現できる、度胸のようなものを身につけたい今日この頃です。

拍手[0回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

無題

  • じゃいけらー   
  • 2009/04/15 (水)18:32  
  • edit

電話の恐怖・・・遠い昔、私も新人時代に経験したズラ。
キンチョーの原因は・・・相手が「見えない」のに、「ちゃんとしないといけない」から・・・かな?
常にリアクションを考えてる粕谷クンにとって電話は・・・
相手の「出方(アクション)」が見えない→リアクションしにくい
「社会的モラル」に則って対応→リアクションに制限あり
・・・という過酷な状況なのだ!しかも的確なリアクションをする事に命を懸けている君だからストレスメーターはウナギ登りッ!
ウナギ登りッ!!
って事かねぇ~。
まぁ、慣れるよ。

Re:無題

  • かすやこうじ  
  • 2009/04/16 (木)14:36  

ハゲ増し…じゃなくて励ましありがとう!
原因について、はっきり解るわけじゃないけれど、そうかも知れないです。

だんだん慣れてきましたよ。
人生常に、ひとつひとつ勉強です。

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...