忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

粕谷幸司 2011年

財団法人 日本漢字能力検定協会が発表した、2011年「今年の漢字」「絆」でしたね。

うぅむ、確かに。
世の中で起こった出来事などを考えると、納得です。

ところで、皆さんは自分なりの“今年の漢字”とか、考えてみましたか?
…こういうのは、真偽とか、ウマイとかヘタとかではなくて、考える事こそが大切です。

自分の1年間を振り返ってみて、漢字ひと文字で表現するとしたら、その象徴となる漢字は…、さて。

僕は、しばらくの間けっこう真剣に考えてみていたのですが。
先日、埼玉の地元の友達と飲みながら、なんとなぁく「流」という文字に、決めてみました。

ちなみに、記事の冒頭の写真は、2月に行った水族館で撮った、クラゲです。


それでは、年末ということで。
記事の続きで、僕が僕の2011年を僕が書いた僕のブログ記事で振り返ります。

ご興味とお暇のある方は、どうぞのんびりとご覧ください。

粕谷幸司:2011年を自分のブログ記事から振り返る[上半期]

1月:「見た目問題」総合情報誌『マイ・フェイス』誌面大幅リニューアル・新連載続々! シナハン96 by 忍者ブログ
僕のように、生まれつき人と違った姿では。
アルビノ以外でも、顔にアザがあったり、とつぜん脱毛症が発症したり、事故やケガなどのキズあとが大きく残っていたり…。
その「見た目」を持って生きる人々は確実に存在するけれど、果たして「恋愛」は…「できる?」「していい?」。

すっごく、メディアではもしかしたらタブー視しているかも知れないきわどいジャンルに、真摯に向き合っている情報誌です。
この“誌面大幅リニューアル”をした号の制作時期から、例のNPO法人マイフェイス・マイスタイルに頻繁に出入りする生活が始まったような気がします。
(この号から「編集後記」に編集員として載ってます)
なんだか、楽しい思い出しかない。好きな事を好きなようにしようと、いろいろ輝いていた気がする。


2月:母の言葉にジンとする 粕谷幸司 『彩り my life』 by 忍者ブログ
いま、27歳。アルビノに生まれた僕は、健康に楽しく、立派とは言えないかも知れないけれど、充実した人生を、大人になりきれない感覚を持ち続けたまま、生きています。

アルビノに生まれたからと言って、不幸だなんて思われたくない。
僕は、このアルビノを悲劇にしたくはないんです。

だから、繰り返し、まるで自分に言い聞かせるようにつぶやいてしまう。
僕は、エンターテイメントが好きだ。
どんな流れでこんな思考に入り込んでいったのかはまったく憶えていないですが。
この時期、NHK『ニュース7』に「アルビノの粕谷幸司」として登場したってのもあって、なんだか妙に、自分がアルビノであることや、その生い立ちや考えてきたことなんかについて、強く意識が向いていたみたいです。
上記に引用した部分以外でも、記事内ではなんだか淡々と、真っ直ぐに自分の気持ちを綴っていました。


3月:今日はホワイトデーだよ 粕谷幸司 『彩り my life』 by 忍者ブログ
僕は常々、どんな状況であっても、日常に点在する幸せを追い求めていたいと思っている。

どんな時にでも、幸せを願い、楽しく面白い未来のために歩み続けたいと思っている。


Happy Whiteday...
3月11日、東日本大地震。
その直後、僕はいろんなことを考えてた。考えて、考えながら、とにかくブログを書いていた。
震災に関連することで、僕が書き残せることはないか。
まったく関係ない情報発信で、誰かの気持ちをフッと軽くできないか。
とにかくどうにかしたい思いと、浅はかに慌てないよう冷静であろうという気持ちと…。
色んな思いをグルグルさせながら、とにかく、ブログを書いていた。


4月:僕の考え方の、ひとつの軸 粕谷幸司 『彩り my life』 by 忍者ブログ
そうして色々考えてみて。
やっぱり“アルビノであるということ”は、人生においてとっても大きなファクターなんだなぁと思う。
「弱点」とか「個性」とかいうんじゃなくて。
ただアルビノであるだけでも、ものごとの受け止め方が違ったり、アルビノだからこそ考え方や行動にも、ちょっとした差異が生まれるんだし。
またしても「見た目問題」総合情報誌『マイ・フェイス』の制作時期で、思想を巡らせていたこのころ。
職業訓練校の仲間たちとも、ちょっと付き合うのが面白くなったりしてきていて。
でも、その訓練校も終わるころに、またこれから自分がどうしていこうかと、考えていたりした。


5月:まだまだダイエッター! 粕谷幸司 『彩り my life』 by 忍者ブログ
現在、中肉中背。

目指すはスレンダー。
あの頃に戻りたい。


6月:追憶の青空 粕谷幸司 『彩り my life』 by 忍者ブログ
18日の夕方、祖父が亡くなって。
なんだか色々考えてる、思い出してる。


幸せなおじいちゃんだったなぁ。


新しいこと、面白いことが大好きなところ、かなり引き継いでる気がするわ。
おじいちゃんが亡くなったとき。
頭ン中は異常なほど落ち着いていて。
しばらく実家で過ごしながら、心のお別れの挨拶を、ゆっくり、丁寧に、していた。
それについては、またすぐに語ることになるので、詳しくは割愛。
(1月1日のPodcast粕谷幸司の「ゲスト中澤まさとも」を、どうぞよろしく)

拍手[3回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...