忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

「ねぇねぇ、3・11は、どこで何してた?」

2011年。
しばらくの間、僕たちの会話は、ほとんどいつも、そんなところから始まっていた。

僕は、職業訓練校の休憩時間に、喫煙所で煙草を吸っていたよ。
クラスメイトの友達と、オロオロしながら、近くの学校に避難したよ。
その夜は、東京都心でも交通機関が大変なことになっていて。
落ち着かない気持ちを落ち着けて、無理矢理にでも笑顔をつくって…。

今、あの時の記憶はまだまだ鮮明に残っていて。
忘れることなんかない、あの日の出来事は、テレビで見た光景は、ラジオから届いたあの言葉は、街の空気は、日本中の声は、世界中の想いは…、消えることなく残っていく。

そんな風に、思っているけれど。


原発の話で、東電の話で、政治の話で、年金の話で。
起こり続ける幾多の事件・事故のニュースで、人を責めるような苦しい話題で、愚かにも僕らの頭の中は埋め尽くされ、塗り替えられ。
いつの間にか、風化してしまうに違いない。

忘れることでしか乗り越えられないこともある。それが人間だと思う。


…けれど、何かをすることで。
誰かが立ち上げた企画でも、どこかの代理店が仕掛けたイベントでも。
それでも自分が、どうにか“動いてみる”ことで、残せるもの、思い出せること、大切な想いを持ち続けることが、できるのかも知れない。

だから、この企画。
Japan in a Day(ジャパン イン ア デイ)が気になって。



何かしてみたいな~と、思ってみたりしてるんです。

僕はその日、友達と出かける予定が入っているから。
多分、友達を撮ったり、友達に撮ってもらったり、ネタを探しながら、1日をすごしてみるんだと思います。

多分、奇をてらうんじゃなくて、普通に動画を撮ってみると、良いんじゃないかなって、思います。

・大人が、おじさんが、公園に行って何十年ぶりに逆上がりをしてみる、とか。
・いつも料理なんかしない人が、家族と一緒に料理してみるとか。
・しばらく帰ってない実家に、帰ってみるとか。
・はたまたボーッと、釣り堀で糸を垂らしてみるとか。

そんな普通のことでも、きっと良いと思うんです。
ただ、本当に、これは“動いてみる”ことに、意味があるんだと思うんです。
自分にとって、何か意味があるような気がするんです。


どうですか。ちょっと日曜日の昼下がり。
一緒にこの企画に、参加してみませんか。

>>Japaninaday さんのチャンネル - YouTube

拍手[3回]


最近あんまり、モスバーガーとかケンタッキーフライドチキンとか、ロッテリアとかマクドナルドとかも行かなくなった僕ですが~。
ファーストフーヅは好きです。なんか、ジャンクっぽい味も、楽しいです。

ところで、最近ネットでポワッと話題になった、マクドナルドのレタス&ペッパー バーガーが、本当にどんなモンなのか気になっちゃったのです。

痛いニュース(ノ∀`) : マックの新作「レタス&ペッパーバーガー」が見本写真と違いすぎると話題に - ライブドアブログ

なので、はずみで買って来ました。

レタス&ペッパー バーガー

…まぁ、120円ですからね。
そんなに期待は、ねぇ?しませんけど、ねぇ??

マクドナルド レタス&ペッパー バーガー 実物

うん、本当だ。確かに、厚みはナイかな~。

レタス&ペッパー バーガー

あぁ~、なるほど、本当だ。
レタスが、思ったほどシャッキリしてないから、ペタンコになっちゃうんですね。
あとは「ペッパーの隠し味がきいたこだわりのシーザーソース」とやらが、全体にタップリ入っているわけではなく、チョボンと一部に乗っかっている感じなんですね。
さらに言えば、パティがかなりペラペラで…食べごたえ的には、物足りなさがありますね~。

(ちなみに、見本とかは公式ページで:レタス&ペッパー バーガー | メニュー情報 | McDonald's Japan


…しかし、まぁ、120円ですから。
てりやきマックバーガーの半額以下ですから。

おやつ感覚で、スナックとして食べる分には、コストパフォーマンスとしても適度な感じなんじゃないっすかね~。

見本とちがう!のは、否めませんけれど。
これはこれで、120円の価値がこのくらいなんだ、と思えれば。
それはそれで、良いのかもと思いましたね~。


ごちそうさまでした。

拍手[1回]


先日、まったりお話ししたONLY FREE PAPERさんの元へ、フラリと行ってきました。

ONLY FREE PAPER

…思ったより、店舗が暗くてビックリした(笑)。

松江さんたちも店舗にいらしてたけれど、顔が見えないくらい暗くて(照明の加減が)、ただでさえシャイな僕は、オロオロしてしまいました。
もうちょっと明るくても、良いと思うんですけれども~。

ONLY FREE PAPER
>>ONLY FREE PAPERWebサイト


ともあれ。
思った通りというか、聞いていた通り。
店内には、フリーペーパー・フリーマガジンがズラズラと並んでいました。

ほとんどのスペースが「ご自由に(1人1誌につき1冊まで)お持ち帰りください」というシステム。

驚くほど装丁がキレイで、しっかりしているのに「フリーマガジン」、とか。
A4・1枚の手書きモノの「フリーペーパー」とか。
クーポンや広告をしっかり取ってガッチリ作ってあるモノや、学生たちが皆で協力し合ってワイワイ楽しく作りあげたっぽいモノなどなど。

…本当に、フリーペーパー・フリーマガジンって、いっぱい面白いモノがあるんだなぁっと体感できるお店でしたよね。

フリーペーパー フリーマガジン

しかし。Ustream番組内でもお話しした通り、やっぱり「楽しいけど、金にならない」のもリアルですよね。
店内には物販ブースも設けてあったりしたのですが、ウゥン…という感じでしたし。

1日の来客がどれくらいなのか、予想もつかないですけれども。
フリーペーパー・フリーマガジンがこれだけ集まっていて、しかもどんどん全国各地から新しいモノも入ってくるわけで。
人の出入りも途絶えず永続的にある、のであれば。
あとはそんな「客動線」の途中に、どんな有料の楽しいサービスを組み込むか、というのが課題なんだなぁ、と思いました。

がんばれ~、OFP!!

ちなみに、今日はそんなOFPのイベント「Only Free Public & OFP大交流会」が催されるそうです。

ぜひお暇でしたら、今からでも遊びに行ってみても良いかも知れません。

拍手[2回]


Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...