忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

Dec 15,2017 (Fri)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.12.15 01:56

僕は、自分自身がアルビノであるということや、“見た目問題で悩まないための総合情報誌”マイ・フェイスにコラムを連載していることなどもあり、見た目に関する問題に関心があるのですが。

以下のような記事を見て、これもちょっとした見た目問題なのかな?と思ったのです。

斜視の子どもが「誕生日パーティーに招かれない」などの差別を受け始めるのは6歳から - GIGAZINE

斜視
▲斜視ってこういうの

前記の記事によると、パッと見で「眼位について気付いた」6歳以上の子どもが半数程度。
また、6歳以上の子どもの3割以上が、誕生日会に斜視の子を招かないという選択をしたのだそうで。

対象者が子供なので、深刻に「斜視が嫌だから差別した」のかどうかはハッキリしにくいですが。
結果だけを見れば「斜視の子は、斜視じゃない子よりもお誕生日会に招かれにくい」っぽいです。

僕も上記の写真の通り、斜視になるクセがなくもないので、記念写真なんかの時には気をつけるようにしていますが…。

案外ヒトは、そういった細かな“差異”とか“違和感”に敏感で、単純な理性とはまた違ったトコロで、差別というか拒否反応をしてしまうものなのかも知れませんね。

拍手[13回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...