忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

Dec 13,2017 (Wed)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.12.13 08:36

よく会社で言われるんですよね。
「アドリブが利かないよね」
「リアクションが良くないなぁ」

どちらも大いに傷つくんですが、その使い方が間違ってると、違和感と小さな苛立ちが生まれるんです。


以下は、僕の考える定義ですが。

アドリブは、予定外のことを言ったりしたりすることで、そこには必ず「なるべき予定(筋書き・台本)」があります。
その予定にはない別のこと、というのがアドリブなんですよね。
なので、例えば「予定とは違った状況になって、なんとか元の流れに戻す」という、本来の筋書きを意識した言動がアドリブなんじゃないかなぁ。

リアクションは、アクションに対してどうするか、というものだと思います。
どっきりを仕掛けられてどんな反応をするか、とか。
ボケに対するツッコミも、ある意味リアクションですよね。
ここにも前提としてアクションがある、という条件があると思うんです。

つまりはどちらにも「計画」や「計算」があってこそ、アドリブやリアクションが成立するわけですよ。

なので、無茶苦茶なことを言って「何か言い返せ」というようなパターンや、予想外(「予定外」とは違ったニュアンス)の出来事に「なんとかせい」というのは、そもそも違うのです。

その上で、相手の切り返しを視野に入れた「相手尊重」の意志が、フリでありボケになるのです。


と、思ったよ。

拍手[0回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

無題

  • 双樹   
  • 2009/09/18 (金)19:08  
  • edit

むしろ振られる側より振る方に技量が求められるのだと思う。

Re:無題

  • かすやこうじ  
  • 2009/09/19 (土)13:44  

そうそう!そうなんだよね。
無茶振りすりゃあいいってもんじゃなくて、振る方の技量も大事なんだよね。

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...