忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

さすがの今夜は、街の人波も落ち着いている。
ピーンと張り詰めるような冷たい夜風に漂いながら、やっと今年を振り返り、気持ちを整理できそうな気がした。


今年は、前半と後半でまったく違う生き方をした。

前半は、継続的なサラリーマン生活。
情報誌『マイ・フェイス』の創刊・発行で、表紙デビューやコラムニストデビューをしたり、講演会のようなことを始めたこの頃は、まだ半分は「会社員」だった。
生温いながらも常に戦い、変化に挑み続けていたあのサラリーマン生活は、退屈ながらも安心だった。
足かせに繋がれている自由と不自由に揺れながら、仲間たちと苦悩を続けていた。
…けれど、大切な何かを忘れていたと気付いたのも、このあたりだった。
僕の力不足からか、あの仲間たちを奮い立たせる程の熱意を、あの会社を変えられる程の強い信念を、持ち続けるほど成熟していなかったんだなぁと、今だから感じる。
相手を変えてまでも、本気の「世界平和を実現する」という理念を貫き通させる知恵も、発明も、地位も信頼も無かったんだ。
辞めたあとの、僕の切り捨て方を見て、痛感したところ。
僕は、あの会社にとって特別な存在にはなり得なかったんだだろうな。
…だから、夏のあの日、僕があの会社を飛び出したことはやっぱり正解で。
自分も、会社も、仲間も甘やかさずに変われる、ちょうどいいタイミングだったんだね。


そこで動かなければ、時代や世界を動かせるはずがない。
生存のために動くことの出来ないやつとは、より高みを目指して活動を続ける仲間にはなれない。
そういった意味では、中澤さんにもまだ不足を感じるところではあるけれど…。


ともあれ、切り替わってから後半は、とても刺激的だった。
明らかに、動かなければ沈む一方のサバイバル。
生死をかけても夢や信念に突き進める力を、思い込める力を掴んで、今にいたる。
甘えたら、絶望への転落に一直線。
しかも早く、自分のペースを超えるスピードで走り抜ける、突き抜けるということの重要性を知る。
ギリギリで厳しくも、サラリーマンには出来ないことが出来る、僕にしか出来ないことをすべき今は、熱く胸躍り、まさに存在、生きているという痛みを感じられる日々。
最高だね。


総じて、良い一年だった。

みんな、ありがとう。

お膳立ては整った。
そう思う。

拍手[4回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

明けましておめでとう^^

  • こけし   
  • 2011/01/02 (日)12:21  
  • edit

気づけば?2011年ですね^^
 
私は正直、自分の出来の悪さや、自分自身に対して甘い自分に嫌悪感でいっぱいな一年でした。
それでも、ここまできたらやるしかない、という気持ちで乗り越えました。
って私事で恐縮です・・m(_ _)m

2011年はどんな年になるでしょうか?
それを決める?左右する?のは自分次第ですよね! 
良い一年だった、と思えるような年にしたいです^^♪

Re:明けましておめでとう^^

  • かすやこうじ  
  • 2011/01/03 (月)09:53  

僕も、反省の多い毎日・毎月・毎年です!
けれど信じています。
「反省する人間は成長する!」
失敗は成功のもと。偉人たちはみんな、そういう考え方を持っていました。

ぜひ、いい年にしましょうっ!

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...