忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

本日、晴天の中。
写真家の齋藤 陽道(さいとう はるみち)さんの被写体になってきました。

齋藤陽道と粕谷幸司

【健常者にはない感覚や視点に満ち、研ぎすまされている存在】

わたしはそこに人間としての尊厳を見いだしています。

その尊厳を撮りたいのです。

(齋藤陽道さんのWebサイト http://www.saitoharumichi.com/ より)


(以下にも続きます)
彼は“ろう”です。

彼との会話は筆談です。
撮影中も、ほとんど、声では話しません。

僕には、それも新鮮で、楽しかったです。

声ではないコミュニケーション。

カメラのレンズを見つめながら、どこを欲しがっているのかを推測していた僕。
ほとんど何も指示をせず、僕をゆっくり撮影していく彼。

集中して撮られていて、ふと気になった。

ひと段落した時、彼に聞いた(書いた)。
「カッコつけないで、自然体のほうが良い?」
彼は「うん」と答えた。

それから僕は、彼の欲しがる視線をいったん忘れて。
自然体であることに集中した。


ほとんど会話もないまま、短い撮影はあっという間に終わった。

けれど、なんだか、たくさんお話しした気がしたんだ。
カメラマンとモデルという距離感が、声ではない会話をつないでいた気がした。


時折「カッコイイ!」と僕に声をかけ、はにかんだところでシャッターを切る彼は、きっと頭もいいなぁと思った。

出来上がるのが、とっても楽しみ。

拍手[7回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

私も

  • 相本   
  • 2011/02/14 (月)17:00  
  • edit

先日、淀川で彼に撮影されました。
こと写真撮影に関しては、言葉は不要、あるいは案外邪魔かも?と、思った次第です。
粕谷さんのはシャープな光の中でのショットになりそうですね。
私の時は若干モヤがかかった感じの光でした。
どんな写真に仕上がるか楽しみですね。

Re:私も

  • かすやこうじ  
  • 2011/02/14 (月)21:27  

ですよねー。なんだか、撮影ってそういうところが面白いですよね。

当日はまさに雲ひとつ無い晴天でした!
アルビノにとってはある意味命がけなのですが(笑)、きっといい写真になると思います。
一緒に楽しみにしていましょうっ。

無題

  • こんこん   
  • 2011/02/14 (月)10:28  
  • edit

すごくいい!

Re:無題

  • かすやこうじ  
  • 2011/02/14 (月)21:26  

あざーっす!

無題

  • オジ   
  • 2011/02/14 (月)00:19  
  • edit

見たいぞ。
何かで見れないの?

Re:無題

  • かすやこうじ  
  • 2011/02/14 (月)01:27  

今回の撮影は、齋藤陽道さんの出版物に載る予定らしいよ!写真集かなー?
(ギャラ入らないっぽいけど)

無題

  • れいな   
  • 2011/02/13 (日)21:40  
  • edit

言葉がなくても伝わることってありますよね(^-^)
逆に言うよりも、ただ側にいるだけの方が伝わるときもありますし
そういう関係って、素敵だと思います!


最近ずっと扁桃腺が腫れて高熱で寝込んでました(^^;)
寒いし、粕谷さんもお体にはお気をつけくださいね(・∀・)!

Re:無題

  • かすやこうじ  
  • 2011/02/14 (月)01:25  

本当に、なんとも言えない愉しさを感じたよ。
言葉がなくても人と人…伝わるもんなんだね。

この時期に、大丈夫!?
寒さももう少しで和らぐと思うし、豊かな春を迎えられるよう、お大事にね。
僕も元気にがんばっていくわ!

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...