忍者ブログ
粕谷幸司のブログはKASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

粕谷幸司 『彩り my life』

アルビノなエンターテイナー!日本人で初。粕谷幸司の日記ウェブログ。アルビノであることを最大限に発揮して、エンターテイメントを志します。 面白い人生にしたい、面白い人間でありたい。「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」

世界各国でおこなわれている(らしい)、HUMAN Library(ヒューマンライブラリー)という企画があるのですが。
今週末におこなわれる「ヒューマン(リビング)ライブラリー 生きている図書館@駒澤大学&駒大高校」というものに、僕が登場します。

学生から受け取った企画書によると…
ヒューマン(リビング)ライブラリーとは?

 私たちの社会には、様々な文化や生活背景・身体的特徴を持つ人々が生活しています。
 その中で、特に生きにくさを抱えた人々を「本」に見立て、それらの人々との対話・交流してみたい人を「読者」にして、出会いの場をつくり、お互いの理解を促しバリアフリーな寛容な心を育て、多文化共生の開かれた社会を実現する試みが、ヒューマン(リビング)ライブラリーです。
 2000年にデンマークで始まり、いまでは世界40カ国以上で開催されています。
とのこと。

…正直。「生きにくさ」とかそういうの、あまり得意ではない僕ですが。
そこはそこ、僕なりに、わりと明るく楽しく、アルビノというマイノリティについて、お話ししようかと思っています。

詳しい情報とかが上手にまとまっているウェブページが見当たらないのですが…、同じく受け取った企画書によると、
企画内容

例えば、性的マイノリティ、多機能障害、元薬物依存、ホームレス、見た目問題を抱える人、震災被災者、震災救援者、震災ボランティアなど15冊(人)以上を「本」としてお招きする予定です。彼らの個人的体験や彼らが抱える問題などを1回約30分、対面形式で少数の読者に語っていただきます。また無料のミニ講演会も同時開催の予定です。
ですって。

ちなみに、僕も“ミニ講演会”に登壇する機会があるそうです。
どうしよう…。
今のところ、まだノープランっす。

日時:9月11日(日)
時間:10時受付開始/16時ごろ終了
場所:駒澤大学高等学校(アクセス

何かとお忙しいとは存じますが、お暇でしたら、興味がおありでしたら、お越しください。


関連リンク:
>>駒澤大学社会学科坪井ゼミ活動日記
>>Living Library Japan

拍手[2回]


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Profile

アルビノな人間の粕谷幸司 粕谷幸司 as
日本人の
アルビノな
エンターテイナー
>>アルビノ:粕谷幸司プロフィール | Project One-Size

Copyright (c) 粕谷幸司 All rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...